報酬

クリック報酬単価とインプレッション単価

Googleアドセンス広告の報酬タイプはアドセンスの報酬タイプはクリックで報酬になる広告(クリック報酬単価)と閲覧されれば報酬になる広告(インプレッション単価)の2タイプがあります。ほとんどの収入源はクリック報酬単価と呼ばれるクリックで報酬になる広告ですが、一部の広告には閲覧されれば報酬になるインプレッション単価も含まれクリック無しで1日1円〜3円ほど発生することがあります。

広告

レスポンシブ広告とネイティブ広告

レスポンシブ広告はユーザーのデバイスに合わせてサイズや見せ方を自動的に表示します。また、ネイティブ広告はサイト上の記事や商品のリスト内に違和感なく表示します。

Googleアドセンスの自動広告と広告ユニット

自動広告とは2018年2月から開始された新しい広告でサイトを自動に設置します。また、広告ユニットはサイトの好きな場所に好きな広告を設置できます。工夫しだいでは収益アップが期待できます。

 

広告ユニット

ディスプレイ広告

どこにでも表示できるよう設計された、万能で実用的な広告です。 ヘルプ

 

インフィード広告

サイトのデザインに合わせてカスタマイズできる広告で、投稿とリスティングの間に表示されます。 ヘルプ

記事内広告

サイトに合わせてカスタマイズできる広告で、記事やコンテンツのページに表示されます。 ヘルプ

  • ディスプレイ広告:画像や動画が連動した画像ベースの広告です。
  • インフィード広告:ブログでは記事一覧内、SNSやアプリではニュースフィード内などに設置します。
    • ヒント:広告はフィード内に配置します。フィードのコンテンツ間や、フィードの先頭または末尾には配置できますが、サイドバー内には広告を配置しないでください。掲載結果に悪影響を与える可能性があります。
    • 重要: 広告を配置するコンテナの高さは、変更可能でなければなりません。コンテナの高さが固定されていると、広告が正しく表示されない可能性があります。

  • 記事内広告:アクティブビュー視認可能率が高い箇所や目次上に配置する際に便利です。
    • ヒント:この広告はテキストを含むページに配置しましょう。おすすめの配置位置は、記事の冒頭から 2 段落目です。なお、サイドバーには広告を配置しないでください。掲載結果にマイナスの影響が出る恐れがあります。
    • 重要: 複数の広告を配置する場合は、コンテンツが読みにくくならないよう、広告と広告の間隔を十分に開けるようにしてください。

稼ぎやすいGoogleアドセンス広告の配置場所

記事タイトル下

記事タイトル下は位置的にもっともユーザーの目に入りやすい位置なので、表示回数とクリック数は高いですが離脱率の要因となるので大量の広告を貼らないことです。

目次上

目次上も記事タイトル下と同様で表示回数とクリック数ともに高い傾向にあります。目次上は見せ方的にバナーを設置しても違和感が無いため記事内広告などが最適です。*おすすめ!

記事下

記事下はクリック率がかなり高くなる配置場所です。読者が記事を読み終え次の行動を起こそうとするからで、おすすめは関連コンテンツです。

CPCが最も高い広告はバナー広告

広告サイズが大きいと広告主側が支払う費用が高くなり、その分CPCが多く支払われます。

 

月15万稼ぐためのGoogleアドセンス広告6種類と配置を紹介!

Best
List
Ranking
Pivot